200年続く広島尾道の接骨院

分離すべり症について

分離すべり症は放置しておくほどひどい症状に繋がりやすいため、早急に施術を始めることが大切だと知っておきましょう。

 

分離すべり症の原因

分離すべり症の原因については背骨の本体とも言える椎体と、その後ろで関節を構成する椎弓が分離することだと言えます。

 

スポーツなどを行うときには腰椎へ後ろに反る動きと回旋の動きによるストレスがかかるのですが、これらが繰り返されることによって椎体と椎弓の分離を引き起こすことが多いです。

 

下半身の柔軟性が乏しかったり、身体全体の筋力が不十分であったり、腰回りに過度に負荷をかけたトレーニングを行ったりすると発症しやすいと言えます。

 

分離すべり症の症状

症状については、初期であれば痛みが主なものです。発症している部位に圧痛を感じることが多くなっています。

 

ただし、分離すべり症は痛いだけでなく重篤な症状があらわれることも多いです。腰だけではなく下半身全体に痛みを覚えるようになったり、身体を動かしにくくなったりする人が少なくありません。

 

感じにくさも特徴的な症状であり、麻痺したようになって感覚が低下することも多いです。他には痺れや排尿障害、排便困難などのトラブルに繋がることも多く、今までと同じようには過ごせないケースがあります。

 

分離すべり症は当院にお任せください

分離すべり症でお悩みでしたら当院へお任せください。当院では、患者様のヒヤリングを大切にし改善へ向け、全力でサポートいたします。また、説明で分からないことがございましたら、遠慮なくお尋ねください。

 

皆様のご来院お待ちしております。

エキテン接骨・整骨部門第1位

受付時間・アクセスACCESS

診察時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 × ×

200年続く尾道市の接骨院

タシマ接骨院

〒722-0037 広島県尾道市西御所町6-13 JR尾道駅から徒歩5分

ご予約・お問い合わせ