200年続く広島尾道の接骨院

シンスプリントについて

オーバーユース障害の一種であるシンスプリントは、すねの内側が痛む症状でランニングなどのスポーツでよく発生します。
 

シンスプリントの原因

原因はジャンプなどの動作を繰り返した結果、過度の負荷がかかり続けることに関係しています。たとえば、熱心なトレーニングにより衝撃が継続する場合も注意が必要です。下半身の筋力ダウンや柔軟性の欠如なども原因として知られています。
 
シューズやグラウンドの影響も大きく、同じ運動量でもリスクに違いが見られます。クッション性の乏しいシューズを使っていると発症が早まりやすいです。
 

シンスプリントの症状

症状の多くは最初のうちは運動するときだけ痛むのですが、次第にその後も違和感が残るようになっていきます。スポーツ以外の活動でも痛みが生じるようになり、運動時は我慢できないに悪化するケースもあります。
 

シンスプリントでお悩みの方は当院にお任せください

痛みを放置してスポーツを続けると疲労骨折にも繋がります。当院では、「早期治療」「早期回復」を目指し、患者様に安心して治療に臨んでいただけるよう心がけております。すねの痛みを感じたらタシマ接骨院にご相談ください。

エキテン接骨・整骨部門第1位

受付時間・アクセスACCESS

診察時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 × ×

200年続く尾道市の接骨院

タシマ接骨院

〒722-0037 広島県尾道市西御所町6-13 JR尾道駅から徒歩5分

ご予約・お問い合わせ