200年続く広島尾道の接骨院

変形性股関節症について

変形性股関節症は、発症年齢が40代から50代で女性の方が発症リスクが高いと言われています。

変形性股関節症の原因

変形性股関節症は、股関節がさまざまな原因によって軟骨が変性したり摩耗することで股関節の破壊が引き起こり発症します。変形性股関節症は一次性股関節症と二次性股関節症に分類ができます。

一次性股関節症は原因がはっきりとしていない変形性股関節症を指し、二次性股関節症は変形性股関節症の原因がはっきりわかっている変形性股関節症を指します。二次性股関節症の原因については、臼蓋形成不全や関節リウマチなどの疾患や怪我などの外傷などさまざまなものがあります。

変形性股関節症の症状

症状については、股関節の周辺に痛みを伴います。この痛みは下肢の部分に感じることが多く、病状が初期の頃は立ち上がる際や歩きだ出す際に脚の付け根の部分が痛むようになります。

また股関節から離れた部位になるふとももや膝の部分に放散して痛みが現れることもあります。進行すると痛みが持続するようになり、安静時でも痛みが現れます。靴下が履きにくくなったり、足の爪が切りにくくなったりなど、日常生活に悪影響を及ぼすようになります。

変形性股関節症でお悩みの方は当院にお任せください

変形性股関節症になった場合は、痛みが悪化する前にタシマ接骨院にお越しください。早い段階で発見し施術を始めることで早期回復に繋がります。あなたのご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

エキテン接骨・整骨部門第1位

受付時間・アクセスACCESS

診察時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 × ×

200年続く尾道市の接骨院

タシマ接骨院

〒722-0037 広島県尾道市西御所町6-13 JR尾道駅から徒歩5分

ご予約・お問い合わせ