200年続く広島尾道の接骨院

半月板損傷について

スポーツによって発生する膝の怪我にはいくつかのものに分けられますが、その中でもよく見られるものとして、半月板損傷が挙げられます。

 

若者から高齢者まで発症して、万が一慢性化した場合には変形性膝関節症に移行するケースもあるため、適切な診断と施術が必要となります。

 

半月板損傷の原因

原因については、体重が加わった状態で膝をひねる、衝撃が加わることで発生します。前十字靭帯損傷と合併するケースも多いです。

 

半月板損傷はスポーツによる怪我でよく見られますが、半月板は加齢により傷つきやすくなるので、高齢者の場合には些細な日常生活の行動などがきっかけで損傷することもあります。

 

半月板損傷の症状

半月板損傷の症状については、膝の関節の中にある半月板に亀裂が生じる、欠けたりするなどの症状です。他にも痛みが生じて、運動している時や膝を曲げ伸ばした時に引っかかりを感じる症状が挙げられます。

 

だんだんひどくなると膝に水が溜まる、突然動かせなくなるなどの状態になり、場合によっては激痛のために歩けなくなることもあるでしょう。

 

半月板損傷は当院にお任せください

半月板損傷を放置してしまうと悪化し、今まで送れていた日常生活が困難になってしまう可能性があります。不安な方は、一度専門家へ相談することが大切です。

 

半月板損傷でお悩みでしたら、当院へお任せください。

エキテン接骨・整骨部門第1位

受付時間・アクセスACCESS

診察時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 × ×

200年続く尾道市の接骨院

タシマ接骨院

〒722-0037 広島県尾道市西御所町6-13 JR尾道駅から徒歩5分

ご予約・お問い合わせ