200年続く広島尾道の接骨院

野球肘について

野球をする時の特有の動作により肘が変調を起こす事を野球肘と呼び、特に成長期を迎えている子供が見舞われやすい上に、野球をしている小学生の多くが発症しています。

 

慢性化させないように痛みや変化を覚えたらできるだけ早く対応する必要があります。

 

野球肘の原因

原因については、痛みが発生している部位によってより詳しく考える事ができ、肘における外側に痛みを覚えるのであればボールを投げる時に外側にある骨と骨がぶつかっていて折れたり欠けているのが理由です。

 

肘における内側に痛みを覚える時には内側に位置している靭帯または軟骨などにダメージが発生しており、プロに多い事例であるものの投げる時の姿勢や肩の柔軟性が関係して生じる事もあります。

 

野球肘になった時には速やかに投球をやめて肘をできるだけ使わないようにしつつ、軽症であるのなら冷やして重症であるのなら専門家に検査を依頼しましょう。

 

野球肘の症状

症状については突如として肘が動かせなくなってしまう事例もあり、成長期の段階で野球肘になった時にはその後長年にわたって慢性化する事も珍しくありません。

 

野球が関係しており、ボールを手にして投げる時と投げ終わった後に痛みを覚えるのが特徴的で、他にも肘が本来の様子で伸びたり曲がらなくなってしまう症状もあります。

 

野球肘は当院にお任せください

当院ではお一人おひとりに合わせ、患者様にあった施術方法をご提案いたします。他の院に通っても、改善出来なかった方も一度当院へご相談ください。

 

野球肘でお悩みでしたら当院にお任せください。ご来院、お待ちしております。

エキテン接骨・整骨部門第1位

受付時間・アクセスACCESS

診察時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 × ×

200年続く尾道市の接骨院

タシマ接骨院

〒722-0037 広島県尾道市西御所町6-13 JR尾道駅から徒歩5分

ご予約・お問い合わせ